REO-second(アールイーオーセコンド)をリアル運用して検証しています。
EAはFX業者、口座の種類、そしてEAの設定などにより大きく結果が異なること
があるので、当サイトの結果はあくまでご参考としてお考え下さい。

運用前提
 FX業者:FXDD Malta
 通貨ペア:6ペア(EURUSD,USDCHF,USDJPY,GBPUSD,AUDUSD,USDCAD)
      推奨5ペアのうち、CHFJPYはスプレッドが大きいので、はずし、
      販売サイトの成績表にあったAUDUSDとUSDCADを加えています。
 ロット  0.05

REO-secondの概要はこちらから確認ください
 ・REO-second アールイーオーセコンドの概要を簡単にまとめた記事
 ・発売元からの機能説明PDF(右クリックで保存して読んでください)
  REO-second概要PDF

また、質問は大歓迎ですので、何かあれば、記事にコメントを入れてください。
荒らしや不適切なコメントを排除するために承認制としているので、承認する
までしばらく時間がかかることもありますが、ご容赦くださいませ。

2010年06月14日

REO-second アールイーオーセコンドの概要

REO-secondがどういったものか、簡単に概要をまとめておきます。


名称REO-second アールイーオーセコンド
トレード形態完全自動売買ツール
トレードスタイルトレンドフォロー型
販売元KKブラザーズ
販売サイトREO-secondサイト
推奨通貨ペアEURUSD
USDCHF
USDJPY
CHFJPY
GBPUSD
使用時間足30分足(トレード判断では別足も使用)
トレード特徴Dual Shift Trading
 利益追従シフト
 相殺シフト



REO-secondは基本的にはトレンドフォロー型の自動売買ツール(EA)
ですので、トレンドの方向へエントリーして、上手く乗れれば、
利益追従シフトとしてトレールしながら利益を増やします。


ここまでは、他のEAでも見たことはある機能なのですが、このEAが
これほど多くの人から支持されるのは、エントリーしたら実際には
逆方向へ動いてしまい、損を抱えた場合の相殺シフトにあります。


通常のEAであれば、損切りポイントが設定され、そこに到達すれば
損が確定します。どんなEAでもトレンドに乗れるときも、乗れない
ときもあるので、乗れないときは、損切りポイントまでの分、負けが
発生し、資金が目減りすることになります。


ところがREO-secondはマーチンゲール(ナンピン)手法により、
この負けを相殺してほとんど無くす、それどころか、ちょっとプラス
にしてくれます。


FXの値動きを見れば、波のように上がったり、下がったりを繰り返し
ているのが分かると思います。ずっと上げ続け、下げ続けというのは
無く、必ず反動が出てくるのです。


その習性を使って、次のナンピンエントリーをして、1つ目のマイナス
を2つ目で相殺できるタイミングで両方をクローズします。


2つ目、あるいは3つ目のナンピンエントリーは1つ目に比べて
ロット数が増えるので、1つ目のエントリーポイントまで戻らなく
ても相殺ができるのです。


今のところ運用して数週間が経ちますが、この方法で全てのトレード
が負けても数pipsとなり、REO-secondでの勝ちが大きく増えてます。


ただ、何度も検証記事で書いていますが、ナンピンを3つ目まで
している際は、3つのエントリーの負け分が積み重なるので、
一時的に大きなマイナスが発生します。くれぐれも運用する
通貨ペア数とロット数には気をつけないと、せっかくのEAが
台無しになってしまいます。


2010年7月6日追記
前週の結果を受けて、ナンピンは1つのエントリーに対して最大2つ
ではなく、更にその後もある幅逆に動くと次のナンピンエントリーが
なされることが分かりました。


最初のエントリーが損切りポイントで損切られた場合にそれ以降の
ナンピンエントリーがどう動くのかは今後の検証課題です。



REO-second詳細はこちら





お役に立てたら応援よろしくお願いします m(_ _)m
人気ブログランキングへ  FX
posted by FX自動売買フリーク at 23:27 | Comment(0) | REO-second基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。