REO-second(アールイーオーセコンド)をリアル運用して検証しています。
EAはFX業者、口座の種類、そしてEAの設定などにより大きく結果が異なること
があるので、当サイトの結果はあくまでご参考としてお考え下さい。

運用前提
 FX業者:FXDD Malta
 通貨ペア:6ペア(EURUSD,USDCHF,USDJPY,GBPUSD,AUDUSD,USDCAD)
      推奨5ペアのうち、CHFJPYはスプレッドが大きいので、はずし、
      販売サイトの成績表にあったAUDUSDとUSDCADを加えています。
 ロット  0.05

REO-secondの概要はこちらから確認ください
 ・REO-second アールイーオーセコンドの概要を簡単にまとめた記事
 ・発売元からの機能説明PDF(右クリックで保存して読んでください)
  REO-second概要PDF

また、質問は大歓迎ですので、何かあれば、記事にコメントを入れてください。
荒らしや不適切なコメントを排除するために承認制としているので、承認する
までしばらく時間がかかることもありますが、ご容赦くださいませ。

2010年06月22日

REO-second 2010年6月14週の結果

REO-second 2010年6月14週の結果です。

運用前提:
 業者   FXDD Malta
 通貨ペア 6ペア(EURUSD,USDCHF,USDJPY,GBPUSD,AUDUSD,USDCAD)
      推奨されている5つのペアのうち、CHFJPYはスプレッド
      が大きいので、はずし、販売サイトの成績表にあった
      AUDUSDとUSDCADを加えています。
 ロット  0.05


6/14
●4トレード
 2つのトレードを2つのナンピンで相殺。数pipsのプラス。
●6トレード
 エントリーからプラスに展開し、390pipsのプラス。


6/15
●6トレード
 3つのトレードを3つのナンピンで相殺。数pipsのプラス。
●2トレード
 1つのトレードを1つのナンピンで相殺。数pipsのマイナス。


6/16
●2トレード
 1つのトレードを1つのナンピンで相殺。数pipsのマイナス。
●6トレード
 エントリーからプラスに展開し、210pipsのプラス。


6/17
●6トレード
 3つのトレードを3つのナンピンで相殺。数pipsのプラス。
●2トレード
 1つのトレードを1つのナンピンで相殺。数pipsのマイナス。
●2トレード
 1つのトレードを1つのナンピンで相殺。イーブン。
●3トレード
 1つのトレードを2つのナンピンで相殺。数pipsのマイナス。
●2トレード
 エントリーからプラスに展開し、180pipsのプラス。


6/18
●2トレード
 1つのトレードを1つのナンピンで相殺。数pipsのプラス。
●4トレード
 エントリーからプラスに展開し、110pipsのプラス。




うーん、恐ろしいEAです。今週はあまり危なげなく、890pipsの勝ち
でした。2つのナンピンでの相殺が1回だけで、ほとんど心配不要な
週でした。楽しく動きを見ていることができました。


そう言えば、一つ前の記事のコメントで質問があったので、こちら
にも書いておきますが、この検証は全てリアルトレードです。

リアル口座で自分のお金を投入してREO-secondを運用しています。


私のスタンスとして、デモ口座で大雑把に試した後、良さそうな
EAは小さいロット数でリアル口座にて検証を開始して、EAの癖や
動きを確認し、リアル口座でも勝てそうなものは適正なロットに
増やして運用します。


REO-secondは小ロットでの検証も済み、適正(少し多めですが)
ロット数にて運用中です。


質問は大歓迎ですので、何かあれば、コメント入れてください。
荒らしや不適切なコメントを排除するために承認制としている
ので、承認するまでしばらく時間がかかることもありますが、
ご容赦くださいませ。



REO-second詳細はこちら




お役に立てたら応援よろしくお願いします m(_ _)m
人気ブログランキングへ  FX
タグ:REO-second 検証
posted by FX自動売買フリーク at 00:39 | Comment(0) | REO-second検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。